お役立ち情報

INFORMATION

高齢者を詐欺から守る詐欺・防犯対策とは?


2021年総務省がまとめた人口統計によると、65歳以上の高齢者人口は、総人口の29.1%を占めます。おおよそ3人に1人は高齢者です。
そして高齢者をターゲットにした犯罪の増加が社会問題になっています。
今回は、詐欺・防犯について対策法などをお伝えします。ぜひご家族と共有してください。

特殊詐欺

特殊詐欺に対する意識

近年、高齢者を狙った特殊詐欺などの犯罪が後を絶ちません。
警察庁によると、2020年の特殊詐欺被害のうち高齢者(65歳以上)の被害認知件数は11,587件もあり、法人被害を除いた総認知件数に占める割合は85.5%となっています。
しかし、自分は詐欺被害に遭わないと思っている方が80.7%という結果も出ています。
「私は大丈夫」「私はこんな詐欺に引っかからない」と他人事だとは思わずに、普段から十分注意する必要があります。

参考:令和2年における特殊詐欺の認知・検挙状況等について(確定値版)

参考:内閣府 平成28 年度 特殊詐欺に関する世論調査結果より

特殊詐欺の種類

①オレオレ詐欺(振り込め詐欺)

家族や警察などになりすまし、お金を振り込ませる詐欺です。

どうして騙されてしまうの?

・家族の情報を調べ上げているので信じてしまう
・登場人物が複数いるので、混乱する
・電話口で泣く演技をしているので、声がはっきりしない

騙されないための対策

  • 【録音機能付き電話】
    録音機能がついた振り込め詐欺防止用の固定電話に変更しましょう。

  • 【合言葉】
    合言葉などルールを決める。

  • 【家族の声かけ】
    特に離れて暮らしている高齢の家族には気を配り、異変がないかこまめに連絡をしましょう。

  • 【相談できる体制】
    被害に遭う要因として、高齢者に「相談できる相手がいなかった」というケースがあります。「お金」に関する話は必ず誰かに相談する、振り込み依頼は必ず本人に再度電話するなどの決まりを作りましょう。

②還付金詐欺

「医療費の過払い金を振り込んだので確認してほしい」などと、被害者をATMに向かわせ、携帯電話で話しながら引き出しでなく振り込みの操作をさせる詐欺です。

③融資保証金詐欺

お金を貸すと見せかけて保証金などの名目でお金を振り込ませ、融資はせずにお金だけを騙し取る詐欺です。

④架空請求詐欺

身に覚えがありそうだけど、実際には契約していない架空のサービスや商品料金を請求して金銭を騙し取る詐欺です。

万一振り込んでしまったときは…

【相談先】
■国民生活センター 消費者ホットライン
電話番号:局番なし188(いやや) 受付時間:平日9 時~17 時 土日祝10 時~16 時(窓口により異なる)
■金融機関
早急に振り込んだ相手先の金融機関に連絡し、相手の口座を凍結してもらいましょう。
あわせて警察への通報もしておきましょう。
■警察
#9110 詐欺なのかどうか分からない、不安という場合は、迷わず電話しましょう。

防犯対策

「泥棒」と聞くと留守中に侵入する「空き巣」をイメージしますが、実際は住人が在宅中に侵入する手口も増加しています。出かけるときはもちろんのこと、在宅時にもしっかり防犯対策をすることが大切です。

住宅侵入窃盗の手口とは

住民が在宅中に侵入する「居空き」と「忍込み」は全体の約3割。
体力的に弱い立場にある高齢者は特に対策をしておくことが重要です。

参考:令和2年 刑法犯に関する統計資料

泥棒が嫌がる部屋・環境づくり

  • 在宅時でも施錠する
    玄関はもちろん、不在になる部屋や目の行き届かない部屋は必ず鍵をかけるようにしましょう。換気のために開けることも多いお風呂場やトイレは小窓だからと開けっ放しにならないよう気をつけましょう。

  • 窓ガラスの防犯対策を強化
    泥棒の侵入経路で、毎年上位の「ガラス破り」。ガラス窓は全体を割らなくともクレセント錠の周辺を小さく割るだけでも簡単に侵入できます。そのため、気が付かない場合もあるので、防犯ガラスや防犯フィルムを一面に貼ることも効果的です。

  • 防犯グッズを有効活用
    高齢者や女性でも手軽に設定できる防犯グッズが市販されています。おすすめは窓の上部に補助錠を設置することです。補助錠を開錠するために立ち上がる必要があるため、周囲の目が気になり不都合だからです。また、窓ガラスの振動や開閉を検知すると警報音が鳴る防犯グッズの設置も有効です。

  • 足場を作らない
    泥棒は2階以上の部屋にも侵入します。侵入されないためには、家の周囲に足場を作らないことが鉄則です。集合住宅の場合は、敷地内にある自転車置き場の屋根や、自転車などが足場にされるケースもあるので注意しましょう。

  • ホームセキュリティを導入
    不正に窓を開けられた際に、警報音と同時にセキュリティ会社に自動通報したり、在宅時に「怖い!」と思ったときに非常ボタンを押すと、安全のプロが駆けつけてくれる「ホームセキュリティ」を導入することも有効です。最近では賃貸住宅にも「ホームセキュリティ」が標準で導入されている場合もあります。

さいごに

今回は高齢者の特殊詐欺や防犯対策についてご紹介しました。
近年では新型コロナウイルス関連の給付金を騙し取るなど、新しい手法の詐欺がどんどん出てきているようです。
自分は大丈夫だという油断は禁物です。ご家族からの声かけや合言葉などのルールで被害を防げることもありますのでよく話し合って相談しておきましょう。
また、録音機能付きの電話や防犯グッズの購入などもよい対策方法となるでしょう。それぞれのご家庭に合った対策を選んでください。

監修

橋本珠美

橋本珠美

2001年4月、株式会社ユメコムを起ち上げ、介護・福祉の法人マーケットを中心に、誰もが高齢社会を安心して過ごすためのコンサルティングを始める。
また「高齢者と高齢者を抱える現役世代」のための相談窓口「シニアサポートデスク」「ワーク&ケアヘルプライン」を運営し、高齢者やそのご家族の幅広いお悩み(介護・相続・すまいなど)にお応えしている。
相談窓口の事例と自身の経験(ダブルケア)を取り入れたセミナー活動は好評を得ている。

株式会社ユメコム(https://www.yumecom.com)

LINE
TOP
0120-469-448
LINEで相談